オリジナルなふせんを印刷する効果を説明します

ビジネスシーンや家庭など日常生活の中で、ふせんを使用する機会はたくさんあります。オリジナルなふせんを制作するメリットとして、企業や商品の名前を印刷することが出来るので、ビジネスアイテムとして活用することが出来ます。ビジネスシーンで使用するためだけではなく、家庭での勉強や手帳にも使用することができ、注意点やポイントを抑えるために使用することも出来ます。実用性の高いふせんは、様々な用途で幅広い層のターゲットに使用してもらうことができ、身近に置いてもらうことで認知度が向上し、PR効果につながります。名入れをしたオリジナルなふせんをノベルティグッズとして配布することで取引先や顧客側が企業や商品の名前を目にする機会が多くなります。そのため販売促進が期待でき、集客効果も期待出来ます。

ビジネスにおけるマストアイテム

オリジナルのふせんを印刷する方法としてノベルティの制作会社に注文するのが一般的です。よく見かける正方形の大きいサイズ、細めの小さいサイズのものから動物や食べ物など型抜きのふせんなど様々な形で注文することが出来ます。オリジナルなふせんの印刷は1個から対応している会社と、50個からや100個からなど、まとまった数から注文を受け付けている会社があり制作会社によって違います。20枚綴りなのか、30枚綴りなのかで金額が変わってくるので比較して会社を決めましょう。ふせんのデザインはデジタルデータで送るよう指示されることが多いですが、それが難しい場合は手書きで送ることができる会社もあります。データを確認してもらったら制作会社から印刷イメージが送られてくるので確認をして仕上げてもらいます。

オリジナルなふせんを楽しみましょう

制作会社に注文してオリジナルなふせんを作る以外にも方法があります。自宅で簡単に作ることもでき、家庭や学校で使うのにお勧めです。準備するものはコピー用紙またはメモ帳、はさみまたはカッター、はがせるテープのりです。はがせるテープのりは、文房具屋に売っているものでも100均のものでもどちらでも構いません。コピー用紙に好きな画像を印刷していきます。しっかり乾かしてから折り目をつけ、折り目に沿ってカットしていきます。テープのりを裏側に貼っていきます。上に重ねていき完成です。好きな画像を印刷出来ない方はハンコでもかわいく作ることができるので、ぜひ一度試してみてください。オリジナルなふせんを作るだけではなく、材料を揃えてふせんのケースを手作りすることも出来ます。手作りだけではなく、タブレットケースなどのお菓子の缶、名刺入れや手帳ケースやペンケースなどを代用することもできます。